ブログ - 将棋レッスン ワン・トゥ・ワン

初段ナビゲーターのランダムノート


Aさんと実戦2局(ゴキゲン中飛車、角換わり)。終盤力強化のため、石川泰さんの「とっておきの速度計算」を読んでいるとのこと。奇しくも、攻めか受けか、悩ましく難しい終盤戦となりました。

(図は△4七銀まで)
原2205190250手

△4七銀(図)から激流へ。以下▲7一角△4八銀成▲8二角成△4七角▲8六銀△5八成銀▲7七玉△2九角成▲4四歩△8五歩▲4三銀はなかなかの応酬でした。


大橋貴洸六段がカラフルなスーツで目立ち始めたとき、神吉七段が「よき後継者を得た」と喜んだかどうかは分かりません(笑)。大橋さんにとっては、自身のモチベーションを上げる戦闘服としての要素が高そう。そしてそれは個性の発露の一例に過ぎないようです。

大橋さんの美意識は著書に強く表れています。デビュー作「耀龍ひねり飛車」の冒頭、自らの理想の将棋を「耀龍」(ようりゅう)と名づけてセルフブランディング。テキストや図面のフォントを(丸ゴシックのような書体で)統一するなど、多くのこだわりが散りばめられています。

2作目の「耀龍四間飛車」は、ラノベのようなサブタイトルが楽しい。(このアイデアについては、こちらの記事に詳しい)。本書を端緒としてプロ間でも多く採用され、升田幸三賞を受賞したことは、極めて珍しい事例でしょう。

受講者の方から見せてもらった指導対局の棋譜の中でも、大橋さんの棋譜は美しさが際立っていた。最終盤、下手にきれいな決め手があり、それは耀龍と例えるにふさわしいものでした。

スナップショット

(図は▲1三歩まで)
2205

【ピリ辛流2手目△4二飛メモ(8)】図に至っては後手も暴れていくよりない。図から△4五桂▲4六角△8五桂▲同桂△同歩▲1四香△3七桂成▲同角△8四桂▲1二歩成△9五歩▲1一と△8六歩▲8五香△7三桂。△8四桂ではすぐに△9五歩でしたか。ミレニアムは遠かった…。

(コラム「月刊いいね!」 目次はこちら


将棋を覚えたての頃、「詰めろ」(詰めよ)という聞きなれない用語に戸惑いませんでしたか。ウェブで調べたところ、ウィキペディアに、

「詰めろ」の語源は、「次にあなたの玉将を詰めるから、その前にこちらの玉将を詰めてみろ」とされる。

とありました。

詰めてみ詰めてみ)」が変じて「詰めろ詰めよ)」なのですね。このことから、玉は「詰める」ものと得心しました。

「詰める」と同じ意味で「詰ます」も普通に使われています。(むしろポピュラーかも)。但し「詰ます」という言葉は、辞書に載っていません。個人的には誤用と思い、避けていましたが、この疑念もウィキペディア(下記)が晴らしてくれました。

「詰める」と「詰ます」(ウィキペディアより)
相手の玉を詰みの状態にもっていくことを、「詰める」あるいは「詰ます」と呼ぶ。現在では慣習上、どちらの言葉も広く使われている。(ただし日本語としては、「詰める」の方が正しい。)

(コラム「ひよこのきもち」 目次はこちら


Aさんと実戦2局(四間飛車2局)。この日の心掛け。(1)形勢判断、状況把握に努める。(2)それを基に指し手の方針を定める。(3)相手の狙いを察知する。「初級者は自分の指したい手を指す。上級者は相手の指したい手を殺す」

(図は△5四銀まで)
原2204140246手

図の局面、感想戦では「形勢互角、先手は3五銀の活用が急務」で一致しました。(私は▲4四銀を予想していた)。実戦は▲9五歩△同歩▲5五歩△6五銀▲4四銀。意図は同じでも、相手の銀を玉頭へ進出させた分、少し損だったかもしれません。


斎田晴子女流五段と初めてお会いしたのは、かれこれ20年近く前の将棋まつりだったか。指導対局で対面し、清らかな美しさにクラクラしたことを覚えています。その後、佐伯九段将棋サロンに入会したことで度々交流を持ちました。私は裏方に徹していたため、ゆっくりとお話ししたことはないのですが。

今は連盟の理事も務められていますね。ベテランの年回りとは言え(失礼)、A級でバリバリ活躍する会長さんもいらっしゃるので、まだまだ老け込んではいられません(笑)。

最近の対局をモバイル中継で観ました。(対大島女流1級、女流順位戦)。まず初手が素晴らしかった。▲6八飛(図)。「私が振り飛車クイーンよ!」の矜持が聞こえてきそうです。

(図は▲6八飛まで)
20211207斎田大島1手

大島さんは現代調の対振り飛車金無双急戦。終盤、斎田さんが玉頭から勝負形に持ち込み、激戦を制しました。秒読みの指運勝負、好局だったと思います。

スナップショット

(図は▲4六銀まで)
2204

【ピリ辛流2手目△4二飛メモ(7)】初手から30秒。図の局面で考えがまとまらなかった。第一感の△6六歩は指し切れず。△9七歩もありましたか。実戦は△4六同銀▲同飛△4二飛▲5五銀△同角▲4二飛成△同金▲5五歩△9七歩。かなり変調でした。

(コラム「月刊いいね!」 目次はこちら

↑このページのトップヘ