ブログ - 将棋レッスン ワン・トゥ・ワン

初段ナビゲーターのランダムノート


鈴木環那女流三段には明朗快活、イベントの華というイメージがあります。私も昔とあるイベント会場で思い掛けず挨拶をされ、たちまちファンになりました。

中堅に差し掛かった昨今、棋戦での活躍には目を見張るものがあります。2020、2021年度は勝率6割超え。女流順位戦A組、女流名人戦リーグ入りはトップ棋士の証でしょう。もともと自分のあるべき姿に向かってきちんと努力できる人なのかと。それがまっすぐ対局へと向かったことが、最近の覚醒につながったのでしょう。

女流棋士の立ち位置や個性はさまざま。ワークライフバランスの難しさもあるでしょう。けれどやはり本分は対局かと。棋戦が増え、白玲戦(順位戦)でランク付けされることにもなりました。将棋の勉強に遅過ぎることはない。女流棋士には皆同じくそのポテンシャルがあるであろうことを、鈴木さんは示しました。

スナップショット

(図は△7七銀まで)
20220507鈴木甲斐132手

先月行われた女流王座戦一次予選、対甲斐女流五段戦から。最終盤、両者秒読み。このとき私は電車で移動中でしたが、モバイル中継から目が離せなくなっていました。図から▲9三香△同桂▲8一飛△同玉▲7三桂△9二玉▲9三歩成△同銀▲8四桂…。40手以上後手玉を王手で追い回し、ついには詰めてしまった。いやはやびっくり。お見事でした。

(コラム「月刊いいね!」 目次はこちら


6月になると新しいランチョンマットのデザインを考え始めます。アイデアのストックは三つ(3年分)ほどあり、今年は前にも増してトリッキーなものを選びました。最終形やその道筋はまだはっきりと見えませんが、楽しく作業できたらと思います。

秋の発売に合わせ、価格の見直しも予定しています。世はまさに値上げラッシュですが、当方根からの天の邪鬼。今後はお求めやすくなりますので、どうぞご期待ください。

冊子は今年は作りません。「初詣」(詰将棋集)の在庫が少なくなり、増刷するかもしれません。来年は将棋以外のものを刊行したいと考えています。

動機づけのコツは、書いて公表することだとか。自らアクションする(文字を書く)ことでコミットし、それをソーシャルで公表することで退路を断つ。これに倣って記事にしました。

(2)チャネルに続く)

(ショップだより 目次はこちら


Aさんと実戦2局(ゴキゲン中飛車、角換わり)。終盤力強化のため、石川泰さんの「とっておきの速度計算」を読んでいるとのこと。奇しくも、攻めか受けか、悩ましく難しい終盤戦となりました。

(図は△4七銀まで)
原2205190250手

△4七銀(図)から激流へ。以下▲7一角△4八銀成▲8二角成△4七角▲8六銀△5八成銀▲7七玉△2九角成▲4四歩△8五歩▲4三銀はなかなかの応酬でした。


大橋貴洸六段がカラフルなスーツで目立ち始めたとき、神吉七段が「よき後継者を得た」と喜んだかどうかは分かりません(笑)。大橋さんにとっては、自身のモチベーションを上げる戦闘服としての要素が高そう。そしてそれは個性の発露の一例に過ぎないようです。

大橋さんの美意識は著書に強く表れています。デビュー作「耀龍ひねり飛車」の冒頭、自らの理想の将棋を「耀龍」(ようりゅう)と名づけてセルフブランディング。テキストや図面のフォントを(丸ゴシックのような書体で)統一するなど、多くのこだわりが散りばめられています。

2作目の「耀龍四間飛車」は、ラノベのようなサブタイトルが楽しい。(このアイデアについては、こちらの記事に詳しい)。本書を端緒としてプロ間でも多く採用され、升田幸三賞を受賞したことは、極めて珍しい事例でしょう。

受講者の方から見せてもらった指導対局の棋譜の中でも、大橋さんの棋譜は美しさが際立っていた。最終盤、下手にきれいな決め手があり、それは耀龍と例えるにふさわしいものでした。

スナップショット

(図は▲1三歩まで)
2205

【ピリ辛流2手目△4二飛メモ(8)】図に至っては後手も暴れていくよりない。図から△4五桂▲4六角△8五桂▲同桂△同歩▲1四香△3七桂成▲同角△8四桂▲1二歩成△9五歩▲1一と△8六歩▲8五香△7三桂。△8四桂ではすぐに△9五歩でしたか。ミレニアムは遠かった…。

(コラム「月刊いいね!」 目次はこちら


将棋を覚えたての頃、「詰めろ」(詰めよ)という聞きなれない用語に戸惑いませんでしたか。ウェブで調べたところ、ウィキペディアに、

「詰めろ」の語源は、「次にあなたの玉将を詰めるから、その前にこちらの玉将を詰めてみろ」とされる。

とありました。

詰めてみ詰めてみ)」が変じて「詰めろ詰めよ)」なのですね。このことから、玉は「詰める」ものと得心しました。

「詰める」と同じ意味で「詰ます」も普通に使われています。(むしろポピュラーかも)。但し「詰ます」という言葉は、辞書に載っていません。個人的には誤用と思い、避けていましたが、この疑念もウィキペディア(下記)が晴らしてくれました。

「詰める」と「詰ます」(ウィキペディアより)
相手の玉を詰みの状態にもっていくことを、「詰める」あるいは「詰ます」と呼ぶ。現在では慣習上、どちらの言葉も広く使われている。(ただし日本語としては、「詰める」の方が正しい。)

(コラム「ひよこのきもち」 目次はこちら

↑このページのトップヘ