ブログ - 将棋レッスン ワン・トゥ・ワン

初段ナビゲーターのランダムノート

2021/10


将棋*ランチョンマット いろは譜」の発売後、レビューをいくつかいただきました。

「斬新ですね」(複数の方からお聞きしました)
「部屋に飾っています」(えっ)
「覚えるまで少し時間がかかりそうです」(その労には及びません(笑))

さらには、うれしい手書きのお手紙をいただきました。一部を抜粋してご紹介します。

「広げた布盤を上から眺め、ハッとしました。源氏物語の姫君が……。考えてみれば、古の女人方と今の我らは、人とめったに会えない不自由さは同じかもしれませんね。現代に生きる私は文明の利器のお陰で何も心配なく平和に暮らせていられるとは有難い話です。感謝しなくては。いろは譜のアイデアも面白く、漢字の使い方にも工夫が凝らされていて楽しく使えそうです。(中略)これから先、日本は、世界は、私達はどう変わっていくのでしょうか。気持ちだけは前向きに、日々の暮らしに何かしら良い処を取り入れて過ごせたらと願っております。(後略)」(Aさん・横浜市・女性)

Aさん、ありがとうございます。商品を通じて(用途の他に)暮らしに潤いや安らぎをもたらすことができたら、まさる喜びはありません。

001デザイン

将棋*ランチョンマット いろは譜

価格:1,800円(税込)
サイズ:約35×50cm
生地:11号帆布(綿100%)
加工:周囲縫製
包装:OPP袋入り


コロナ禍の影響を受け、お手伝いしていた将棋サロンが昨年末に終了。息抜きや癒やしだった将棋が、まさか憚られる日が来ようとは。①三つの密、②盤駒を手指で扱う、③年配が多いなど、コロナとの相性の悪さを恨めしく思いました。

突然消失を余儀なくされたコミュニティー。それでも気の合う仲間というのは、互いに引かれ合って集まるものなんですね。まあお酒とユーモア好きが主ですが。会場の都合(人数制限)もあり、こぢんまりと「棋」の対話を楽しんでいます。

合縁奇縁(あいえんきえん)とは、人と人との気心が合うも合わないも、不思議な因縁によるということ。気は棋に通ずるとすれば、こちらはさしずめ、合縁「棋」縁でしょうか。

繰り返される緊急事態宣言の発令と延長。居酒屋いじめはもうたくさんです。コロナが一日も早く収まり、対局後、指した将棋を肴に気兼ねなく一杯やれる、当たり前の日常が戻ることを願って止みません。

(ショップだより 目次はこちら

↑このページのトップヘ