AIを使った研究が全盛のプロ棋界。特に相居飛車は、似たような将棋ばかりが目立ちます。そんな中、我が道を行く双璧が、佐藤康光九段山崎隆之八段でしょう。両名とも私のごひいきなので、いずれこのカテゴリにご登場願うつもりでしたが、事が表題に至っては、書き留めずにいられません。まずは昨年11月のこと。

(図は22手目△9六銀まで)
20211125郷田佐藤22手

棋王戦挑戦者決定トーナメント、▲郷田九段△佐藤康光九段(2021/11/24)。この銀は8二~9三~8四~8五~9六と、5手連続で進んできたもの。「佐藤の銀が止まらない」の棋譜コメントとともに、リアルタイムで大きな反響がありました。それから8カ月後。

(図は26手目△9六銀まで)
20220719稲葉山崎26手

竜王戦決勝トーナメント、▲稲葉八段△山崎八段(2022/07/19)。「類は友を呼ぶ」とはこのことですね(笑)。この銀も6三~7四~8五~9六と4手連続で動いたものです。

途中は難しいところもあったでしょうが、両局とも後手の「暴銀」が勝利しました。「魅せて勝つ」。ファンが痺れるのも無理もありません。

スナップショット

(図は▲3六歩まで)
2209

【ピリ辛流2手目△7二金メモ(2)】序盤に駆け引きがあったものの、まあ普通の将棋でしょうか。図から△5五歩▲4八飛△8六歩▲同歩△6五歩▲4五歩△5三銀引▲3七金△5六歩▲4六銀△7五歩と進みました。

(コラム「月刊いいね!」 目次はこちら