((1)はこちら

将棋というゲームはどちらかが相手の玉を詰めないと終わらない。初心者同士の対局が延々と続くのはそのためですね(笑)。上達には「詰める」技術の習得が欠かせません。

実際に3手詰を逃してしまうことは多々あります。一つには詰みの「見逃し」。詰将棋の問題と違い、実戦ではある局面で「相手玉には詰みがある」とは教えてくれません。二つにはいわゆる「ポカ」。単純な錯覚や、せっかちで手が滑る、勝手読み(相手の2手目)などなど。

これらを克服するには、やはり詰将棋を解くことでしょうか。まずは簡単な問題を何度も解き、形で覚えることを心掛けたいものです。

(例題はいずれも3手詰)

3te002

3te008

3te009

3te003

3te004

けれど実戦ではさまざまな、複雑な局面と出くわします。互いの駒が入り組んでいたり、敵玉が中段に這い上がってきたり……。やはり「手を読む」こと、「3手の読み」が大切になります。

(3)に続く)

(コラム「ひよこのきもち」 目次はこちら