4月27日、ABEMAトーナメント2024のドラフト会議が放送された。11名のリーダーによる指名棋士やそれに至った構想などが紹介されています。

将棋ニュース | ABEMA TIMES | アベマタイムズ

ABEMAトーナメント2024ドラフト会議 指名一覧&予選グループ分け | 藤井聡太を忖度なしで応援するブログ

私は決して熱心なウォッチャーではなく、その日も「ながら見」していました。藤井聡太竜王名人は1巡目で指名した羽生九段が3人と競合。くじ引き順で1番を引き、さらに3分の1を引き当てた。まさに王者の風格でした。渡辺明九段は1巡目のくじ引きで2連敗。この日もエンタメ役?で盛り上げた。中堅からベテランへと差し掛かり、いい年の取り方をしていますね。

ドラフトにはリーダーたちの個性が垣間見える。棋風や将棋観、人生観にも通ずると言ったら大袈裟でしょうか。およそ次の四つのグループに分かれたように感じました。(太字はリーダー、その後に指名した棋士)

①勝負に徹する
・永瀬九段--増田康宏八段 森内九段
・中村太地八段--佐々木大地七段 渡辺和史六段
・佐々木勇気八段--伊藤匠七段 久保九段

②自らを高める(チームメイトから吸収する)
・藤井聡太竜王名人--羽生九段 青嶋六段
・豊島九段--糸谷八段 大石七段
・稲葉八段--藤本五段 上野裕寿四段
・菅井八段--佐藤康光九段 丸山九段

③居心地のよさを求める
・広瀬九段--黒沢六段 杉本和陽五段
・斎藤慎太郎八段--高見七段 三枚堂七段

④楽しむことを旨とする
・渡辺明九段--山崎八段 岡部四段
・佐藤天彦九段--斎藤明日斗五段 山本博志五段

どれがいいなどと論ずるつもりは毛頭ない。例えば永瀬九段のガチぶり(「増田縛り」)はむしろ清々しいほどでしょう。けれど棋士は150人以上いるのに、あまりに人選が偏り過ぎるのはいかがかと。

スナップショット

(図は▲9六歩まで)
2405

【ピリ辛流居飛車力戦(13)】図は後手指せそうだが、具体的にはどうしたものでしょう。以下△3一金▲6八角△3三桂▲7七桂△2一金▲8九飛△4五歩▲5七角△4四角▲6八角△7四歩と進みました。

(コラム「月刊いいね!」 目次はこちら