ブログ - 将棋レッスン ワン・トゥ・ワン

初段ナビゲーターのランダムノート

カテゴリ: コラム


((1)はこちら

序盤のコツ。相手の動きをよく見る。しっかりと駒組みをする。できれば持久戦が望ましい。けどいるんですよ、血気盛んに攻めてくる人が(笑)。△5三銀左が急戦のサイン。△6四歩(1図)は早仕掛けと呼ばれる作戦です。

(1図は△6四歩まで)
四間飛車早仕掛け26手

1図からの指し手
▲7八飛  △6五歩  ▲6八飛  △7三桂  ▲9六歩  △6六歩
▲同 銀  △6五歩  ▲同 銀  △同 桂  ▲2二角成 △同 玉
▲6五飛  △8八角  ▲7七角  △同角成  ▲同 桂  △8八角
▲8五飛  △同 飛  ▲同 桂(2図)

(駒組みした後、どう指していいか分からない……)。1図から(1)▲6五歩としようとする初級者が少なくありません。以下△7七角成▲同桂△8六歩は後手ペース。相手の攻めを待って反撃する。「動きで動く」「指させて指す」と心得ましょう。

(2)▲5六銀は△6五歩に備えつつ、▲4五銀~▲3四銀の玉頭銀の狙いがあります。(3)▲5六歩は自然な手。△6五歩には手抜いて▲4七金~▲3六歩と高美濃に組み換えよと多くの指南書に書かれています。

ただどうも横っ腹がスース―しませんか。そこで秘手(4)▲7八飛。はい、一手パスです。(仮に△4二金上ならさらに▲8八飛とパスする)。△6五歩に▲6八飛と戻ります。

△6六歩から戦いに。駒がぶつかったら強く戦う。駒交換を恐れない。じりじりと飛車角を押さえ込まれてはなりません。2図は左辺がさっぱりとさばけました。ここまで指せれば負けても悔いはない(笑)。

(2図は▲8五同桂まで)
四間飛車早仕掛け47手

((3)に続く)

(コラム「ひよこのきもち」 目次はこちら


振り飛車(角道を止める普通の振り飛車)は、向かい飛車、三間飛車、四間飛車、中飛車の四つに大別され、それぞれに特徴があります。私が将棋を覚えたのは、大山十五世名人がまだ活躍されていた頃。▲7七角▲6七銀の後(図)、(さて今日の昼飯は何にしようか)という感じで飛車の振る位置を決めていたような……。

(図は△5四歩まで)
四間飛車10手

まず強調したいのは、初めに振った飛車の位置に固執しないこと。自由に臨機応変に移動することを心掛けましょう。主に横の動きですね。

これすなわち、相手の動きをよく見るということ。とかく自分の指したい形にこだわりがちです。将棋は二人で指すもの。戦型は相手とのやり取りや駆け引きとともに決まります。

お気に入りの指南書を見つけ、基本となる考え方を学びましょう。細かな手順は無理に覚えようとしない。盤上で苦心する楽しさを味わいましょう。

前置きが長くなりました。最初に試すのは四間飛車がおすすめ。攻守のバランスに優れています。

(2)に続く)

(コラム「ひよこのきもち」 目次はこちら


謹賀新年。コロナは(将棋に例えると)中盤の入口あたりでしょうか。形勢はまだはっきりとしませんね。

戦法で迷われている初級者には振り飛車をおすすめしています。居飛車は対抗形の他にも、矢倉や角換わり、相掛かりなど、間口が広く、覚えることが多い。対して振り飛車の駒組みは比較的易しい。やはり序盤は無難に乗り切りたいですからね。

角道を止め、飛車を振るのに一手かけるから、守勢はやむを得ません。心の拠りどころは美濃囲いの堅陣。相手の出方をじっくりと見ながら戦いに備えましょう。

近年は角道を止めない「攻める振り飛車」も増えました。ここでは昔からあるオーソドックスな振り飛車に限り、基本的な考え方を紹介します。定跡を詳しく覚えることよりも、一局の大まかな流れをつかむこと、序盤から多少押されても大らかな気持ちで指すことを心掛けてください。

振り飛車は江戸時代、現存する最古の棋譜でも指されました。歴史と伝統に誇りを持ち、自由に楽しく指しましょう。

(コラム「ひよこのきもち」 目次はこちら


【20】振り飛車は大らかに指そう(年頭所感2021)
【21】四間飛車から始めよう(1)
【22】四間飛車から始めよう(2)

↑このページのトップヘ